定款の認証が終了すると、登記書類を法務局に提出することになります。

登記書類の提出には、必要な出資金の入金と入金証明のコピーが必要になります。
そこで、発起人1人の個人口座に、発起人それぞれの名義の口座から出資金を入金する必要があります。

我々が登記書類を提出したい際に、修正を求められたのがこの部分でした。
少しわかりづらい部分だったので、修正を求められた2点について記録しておきます。

個人口座の当人も入金が必要

発起人1人の個人口座に出資金を入金する必要があるのですが、個人口座の持ち主も入金記録が必要になります。
勘違いしていたのは、預金残高に入金と必要な金額が既に入っていたので、改めて入金をしていなかったのですが、預金残高ではなく入金記録を証明する必要があります。
よって、個人口座の持ち主も入金しましょう。後からわかったのですが、自分から自分への入金記録じゃなくても良いみたいです。他人から自分への入金記録でも出資金の入金と同等の金額が一度に入金されているものがあれば大丈夫みたいです。

また、資本金を銀行口座に入金する際は、「預け入れ」ではなく「振り込み」で入金しましょう。後で通帳をコピーするのですが、通帳に「預け入れ」の場合は名前が記帳されません。

出資金の入金日は定款認証後

入金日ならびに振込日は、定款認証よりも後の日付にしましょう。
先の流れを知っているからと先に入金をしてしまうと、法務局から修正で呼び出されます。もし間違って定款の認証前に資本金の入金をしてしまった場合は、一旦引き落として再度定款の認証よりも後の日付で入金をしてください。
また、定款認証よりも後の日付であれば、各発起人の振込日は別の日になっても問題ないそうです。

まとめ

最悪、間違っても法務局へ行く回数が増えるだけでなんとかなるので落ち着いて進めましょう。


About the author: 熊谷豪

熊谷豪